普及活動

平成28年4月11日(月)学校法人暁学園 暁中学校・高等学校にて「白い小箱を活用した防災・人権学習」が行われました。

日付:2016/04/14

平成28年4月11日(月)学校法人暁学園 暁中学校・高等学校にて新入生(1年生、4年生)を対象に「白い小箱を活用した防災・人権学習」が行われました。
白い小箱の導入は3年目となりますが、昨年度は生徒会執行委員の皆さんに市内の社会福祉施設へ出向いていただき、障がい者の方と共同で箱詰め作業を行いましたが、本年度は四日市市社会福祉施設ラポールブルーミングより利用者4名が学校まで来ていただいてご協力をいただきながら生徒各自が備蓄品の箱詰め作業を行いました。
生徒の皆さんがご自分で備蓄品の箱詰め作業を行うことで災害時に対する備えについて改めて考えていただき、ご家庭での備蓄の推進につながればと期待しています。
また、ラポールブルーミング施設長のお話や利用者の方々とのふれあいをとおし、障がいをお持ちの方々への理解と人権について考えていただく授業となりました。

お知らせ一覧へ戻る
このページの先頭へ