普及活動

三重大学教育学部附属中学校の防災・備蓄学習会

日付:2015/10/01

平成27年10月1日(木)三重大学教育学部附属中学校にて白い小箱を活用した防災・備蓄学習会が行われました。
育友会の皆さまの「我が子のために!!」との思いにより「白い小箱」のご提案、導入となりり古谷代表理事の備蓄についての講話と、全生徒がそれぞれ「白い小箱」の箱作りをしました。
事前に生徒一人一人が備蓄品として、箱にいれたいもの、必要と考えたものを用意し、水、トイレ、氷砂糖などと一緒に箱に詰め込みました。
アルファ米を用意した生徒、保存用リッツ、ビスコ、軍手、ヒートパックなど…さまざまな備蓄品を詰め込みました。
防災において大切なこと…それは考えること、家族で話し合うこと、と副校長先生からのお話にあったように生徒一人一人が考え、学ぶことのできた授業となりました。

古谷代表理事によるお話
古谷代表理事によるお話
白い小箱の組み立ての様子
白い小箱の組み立ての様子
備蓄品を入れて完成!
備蓄品を入れて完成!
お知らせ一覧へ戻る
このページの先頭へ