運動の特徴

運動の趣旨

いつどこでおこるかわからない様々な災害にそなえ、行政等の協力を受けながら、企業、各種団体等の協賛をつのり、普及啓発運動を行い日本全国どこにいても相互に助け合えるしくみを創り、各家庭に1つでも多くの非常食を配置していただき、地域住民に対する危機意識の向上、個人備蓄の推進を図ります。

自助

白い小箱を玄関の下駄箱の上などに保管していただき、
災害時に自らの食料として使用していただきます。

共助

白い小箱を保管していただく中、近隣地域で災害が発生した場合、
支援物質として活用します。

公助

各地方自治体とも災害時物資支援協定を締結し、運動に対する広報活動及び、
協賛企業獲得の応援をいただき、住民による非常食の備蓄を推進します。

定期的な賞味期限の見直し

保管した後の白い小箱に対し、イベントなどを通じ賞味期限のお知らせをし、
安心して備蓄が出来るよう呼びかけて参ります。

障がい者支援

白い小箱の梱包作業及び配布活動、販売活動は各地域の就労継続支援事業所に依頼し、
障がい者就労支援及び社会参画に協力します。

企業様向け

  • 従業員・従業員家族の備蓄として活用
  • 個人用デスク内、ロッカー内に保管し分散備蓄 として活用
  • 備蓄品で被災地域への支援物質として
  • 備蓄品で地域住民に社会貢献活動

行政様向け

  • 住民に対する危機意識の向上を図ります。
  • 県民に備蓄の重要性をPRします。
  • 災害時の物資確保も容易になります。
  • 小箱作成を就業継続支援事業所へ委託しますので障がい者就労支援につながります。
このページの先頭へ