啓発活動

障がい者就労支援施設の啓発活動

1)障がい者就労支援施設のお祭りに参加

地元自治会、利用者の家族のみなさんに小箱をアピール。
利用者のみなさんのお仕事が増えるようにと施設スタッフも積極的に小箱をすすめて下さいました。
ただ今、地元自治会、小箱購入希望者、回覧板をまわして募集しています。

2)障がい者就労支援施設による白い小箱梱包作業

白い小箱の梱包作業や配送を配布、配布地域の就労継続支援事業所等へお願いしています。
ひとつの施設長は、施設利用者が箱詰めなどの作業を行い、納品に同行する。
「利用者が社会とのつながりを感じられる場にもなっている」と話されている。

3)障がい者就労支援施設による配送(納品)作業

白い小箱の配送(納品)風景。
配送(納品)には施設の職員とともに施設利用者が行います。
納品書なども、施設利用者が納品先の職員に手渡しています。



障がい者施設での箱詰め作業の様子

四日市高等学校への納品の様子 積み込みから校舎3階まで納品

作業協力施設

白い小箱制作過程



このページの先頭へ